おれ〜ぼ

WiMAXや格安SIMなどに関する情報をお届けするブログ

格安SIM「mineo」の通信制限後の実際の通信スピードを計測してみた。

   

格安SIMのmineoのデータプランを契約して早1ヶ月、動画なんかをいっぱい見たせいで、あっという間に3GBを使い切ってしまいました。

データ容量を使い切ると通信速度制限がかかる

mineoは、契約のデータ容量を使い切ると、通信スピードが制限されるというのがルールです。

▼契約されたデータ容量を使い切ると、mineoの管理者画面でも、きれいに残容量0MBと表示されます。

で、制限がかかったその速度はと言いますと、約128kbpsと言われています。

このご時世、遅いと言っても単位がM(メガ)です。

128kbpsということは、単位がひとつ下ですし、1Mの約1/10です。

簡単に言うとものすごく遅いということです。

実際に速度制限がかかった時のスピードを計測してみた。

実際に通信速度制限がかかった状態で通信スピード計測をしてみました。

ダウンロード0.15Mbpsということで、およそ128kbps(0.128Mbps)とあってますね。

通信速度制限がかかった状態でネットは使えるのか?

じゃあ、実際にこの速度制限の状態だとどれくらいネット環境が使えるのか?実際に試してみました。

動画

まずは動画(Youtube)ですが、まったくもって使えません。これは当たり前ですね。

ネット閲覧

テキストだけであればそれなりに読み込んでくれますが、やはり画像が追いつかないですね。

と言っても、今やテキストだけのサイトなんかはなく、ページがすべて表示されるまでにはそれなりに時間がかかります。

こちらも、もう使えないに等しいですね。

SNS

twitterについてはテキストだけであれば、読み込めて閲覧できました。ただ画像やアイコンなんかの表示が遅くなる感じですね。

facebookについては基本画像がセットのようなものなので、ほぼ使えないに等しい状況でした。

メール

メールはテキストだけなので、時間もそれほどかからず、普通に使えました。

LINE

LINEも画像がなければ、普通に使えました。

まとめ

ということで、mineoで通信速度制限がかかった時の状況について書いてみました。

やはり、通信速度制限がかかると、現代のネット利用については支障が出るレベルになってしまうということです。

mineoは通信速度制限がかかっても、すぐにデータ容量を追加購入することができるので、お金さえ出せば通信速度制限状態から脱することはできます。

こういう状態になるんだったら、追加購入せざるを得ないですね。

 - 格安SIM

  関連記事

【総まとめ】格安SIM「mineo」の評判、契約手順、速度、実際に利用しての感想まで

【総まとめ】格安SIM「mineo」の評判、契約手順、速度、実際に利用しての感想まで