おれ〜ぼ

WiMAXや格安SIMなどに関する情報をお届けするブログ

【総まとめ】格安SIM「mineo」の評判、契約手順、速度、実際に利用しての感想まで

      2015/12/11

モバイル通信としてはこれまで、WiMAXしか使ったことがない私でしたが、とうとう、格安SIMカードにも手を出してみることにしました。

というのも、SIMカードを挿して利用できるモバイルルーター端末を安く調達することができたからです。(NTT西日本 光ポータブルLTEというモバイルルーターレンタルサービスの利用)

ということで、早速格安SIMで遊んでみようということで、いろいろと格安SIM情報を収集していました。

情報収集の結果、最初に使ってみることにしたのが、「mineo」(マイネオ)という格安SIMサービスとしては有名なサービスです。

今回、こちらについての契約の手続き方法からSIMカードが届いてからの初期セットアップ、そして、実際に利用してみての通信スピードや感想までを総まとめにして書いてみたいと思います。

これから「mineo」を契約しようと思っているが、実際にどのような流れで契約から利用するまでに至るのか?など詳しく知りたい方向けに書きました。かなり、長い内容になっているので、契約前に気になっているところがあれば、目次からジャンプしていただければと思います。

格安SIMについてのおさらい

まずは、今話題の格安SIMについてのおさらいを書いておこうと思います。

格安SIMサービスというのは、モバイルデータ通信を行うためのSIMカード(スマホやタブレットで通信を行うためのカード)のみを販売しているサービスで、そのSIMカードをスマホやタブレットに挿し込むことで、契約したSIMカードに対応した料金プランでデータ通信が行えるというものです。

「格安」という言葉が付くだけあって、特徴は何と言っても料金の安さです。契約プランやデータ通信容量制限の違いなどで差はあるものの、月額数百円〜約3千円ほどの費用だけでデータ通信や電話までできてしまうのが売りです。

このようなサービスが2015年から徐々に登場しはじめ、現在は非常に多くの業者が参入し、プラン内容や価格でしのぎを削っている状況です。

格安SIMをうまく使いこなすコツは自分自身のデータ通信状況を把握した上で、自分にもっともマッチしたサービスを探し出すことだと思います。ただ、これがサービスが乱立しているため、ユーザーにも非常に難しい状況になっていると言えます。

mineo(マイネオ)とは

そんな格安SIMサービスのなかで、最近注目を浴びており人気にもなっているのが、「mineo」(マイネオと呼びます)です。

mineoはケイ・オプティコムという大阪の通信業者が運営する格安SIMサービスです。

mineoは「my」「mine」「neo」を組み合わせた造語なんだそうです。

格安SIMサービスを行うMVNO(仮想移動体サービス事業者)として始めて「au 4G LTE」の回線網を使用し高速LTEを実現しています。

mineoのいいところ(特徴)

mineoの詳しい特徴はホームページにもいろいろと書いてあるんですが、私なりにいいポイントをピックアップすると下記になると思います。

auとドコモの端末が利用できる

これまで格安SIMと言えば、スマホ端末はSIMフリー端末と呼ばれるデータ通信をするためのSIMカードが自由に使える専用端末でないと使えないというのが常識でした。つまり、携帯の代表的な3社であるau、ドコモ、Softbankで契約した純粋なスマホ端末に格安SIMカードを挿しても使うことができなかったわけです。

でも、このmineoはauとドコモで契約したスマホ端末であればSIMカードを交換することで、利用できるという大きな特徴を持っています。(Softbankについては現状できません。)

さらにその利用できる端末も人気のiPhoneをはじめAndroidの主要端末などかなり多くの端末に対応しているのも特徴です。

ホームページ上で自分の端末が対応できるかどうかの確認もできるので、気になる方はしてみてください。

mineoのホームページ※端末チェッカーのリンクから確認できます。

データ利用プランの自由度が高い

mineoですが、契約プランはシンプルでありながら自由度が高いというのが私の印象です。

まず、大きく分けて、電話(音声通話)ありとなし(データ通信のみ)があり、その中で、データ量の選択やショートメール利用の選択ができたりなどが選べるようになっています。

特に私のようなデータ通信が目的の人には必要なものだけを選んで契約でき、データ量も使う分だけ契約できるというのはとても魅力的です。

料金は格安

格安SIMなんで当たり前と言えば当たり前なんですが、利用プランにより、ほんとに安い金額を実現することができます。

▼mineoホームページに掲載されている料金表です。最新情報はmineoのホームページで確認してください。

mineo_kakaku

どうでしょうか。データ通信のみの500MBであれば、月額700円から使えます。

私的には3GBが1000円を切ると言うところでも、お得感を感じます。(実際私も3GBで契約してみました。)

利用月数に縛りがない(解約料がかからない)

そして、こちらも大きなポイントです。

なんと、携帯電話やモバイル通信業界では当たり前とされてきた利用期間の縛り(契約してから2年間は利用しなければ違約金がかかるといった通信業界では今や当たり前のルールとなっているもの)がありません。つまり、1ヶ月利用して気に入らなければ解約金0円で解約できます。これは利用者側からすればとてもうれしいことです。

この解約金(違約金)がかからないというのは、実は他社ではあまりない差別化ポイントにもなっています。

これがないだけでかなり契約のハードルが下がりますよね。

mineoの評判

契約する前には実際のユーザーの声は気になるところです。

私がいつも何か商品を買ったり、サービスを使う際に見るのが、価格コムの評価ページです。

mineoについても評価を見てみました。

価格.com – mineoの格安SIMカードの評判・利用レポート

結果としては、「満足」、「快適」、「最高」などと、かなりの高評価となっています。

データ量やスピードも思っていたとおりという点、あとはサービス力的にもよいという評価のようです。

mineoの契約手続き

ということで、私も初めての格安SIMは「mineo」にすることに決めて、早速契約手続きをWebから行いました。

mineoのホームページの申込ボタンから申込に進めます。

契約申込はほぼ迷うことなく進めるユーザーインタフェースとなっており、ものの5分で手続きが完了しました。

どんな内容の記入事項があるのか気になる方のために、契約と記入の流れを書いておきます。

1. 規約同意

最初は規約同意画面です。リンクの規約を読んで「同意する」を選択します。

mineoの契約画面1

2. エントリーコード

画面下にエントリーコードという欄が出でくるんですが、こちらはキャンペーンなどで利用されるものなので、特に関係なければ、未記入で「次へ進む」を選択します。

mineoの契約画面2

3. サービスプラン選択

続いて、肝心な自分の希望するサービスプランを選択する画面です。

プランはドコモ系のスマホやモバイルルーターなら「Dプラン」(DocomoのDです。)

au系のスマホやモバイルルーターならAプラン(auのAです。)にります。

タイプはシングルタイプがデータ通信のみ、デュアルタイプが音声通話とデータ通信のパターンです。

あとSMSを使う場合は申込むを選択しましょう。

最後のコースはデータの通信容量です。まずは、感覚でこれくらい使うかな?で選んで見ればいいと思います。最悪、なくなっても追加で補充することができますし。

私はドコモ系(NTTのレンタルモバイルルーター)の端末で、シンプルにデータ通信のみなので下記画面の選択内容となりました。

mineoの契約画面3

4. 端末購入有無

続いて、端末購入有無の選択です。

mineoでは、スマホやモバイルルーターを合わせて購入することもできるので、このような選択肢があります。

端末購入は不要で音声通話やデータ通信のみであれば「SIMカードのみ」を選択すればOKです。

mineoの契約画面4

5. SIMカードのみ種類選択

続いてSIMカードの種類選択があります。

ここは重要なポイントで、実際にSIMカードを差し込む自分の端末(スマホやモバイルルーター)の形状に合わせたSIMカードを選択する必要があります。

種類を間違ってしまうと、端末に挿せず、使えないという事態に陥りますのでしっかり確認して選択しましょう。

使っている端末の取り扱い説明書での確認やネットで調べれば、すぐに種類を把握できると思います。

私の場合はmicroSIMだったので、そちらを選択しました。

mineoの契約画面5

6. 契約者情報の入力

ここからは契約者の情報入力に移ります。

一般的な個人情報の入力です。

注意ポイントは契約後mineoのマイページログイン時に必要となるeoIDとパスワード、秘密の質問(画像の赤枠部分)は忘れないようにしっかり覚えて管理しておきましょう。

mineoの契約画面6

mineoの契約画面7

7. お知らせメールなどの受け取り

続いて、mineoからのお知らせ情報の受け取り選択です。私は基本的にDMは不要なのですべて不要にしました。

mineoの契約画面8

8. 金額の確認

ひととおりの入力が終わったので、ここで、料金確認となります。

初回は手続き費用として3,240円がかかります。

あとは月額利用料金が自分の想定通りの金額になっているかしっかりと確認しましょう。

mineoの契約画面9

9. 支払い方法の選択

金額の確認ができれば、支払い方法の選択です。お好みに合わせて入力しましょう。私はクレジットカード払いです。

mineoの契約画面10

10. 申込処理

最期に支払い方法の入力内容確認(ここで、選択したSIMカードの種類の確認もある)して、問題なければ、「申し込みを確定する」ボタンを押します。

mineoの契約画面11

11. 申込仮確定

これで、申込完了ではありません。

最期に、個人情報入力画面で入力したメアドに手続き完了処理ができるメールが送られます。

mineoの契約画面12

12. メールのリンククリック

このメールの中のリンクをクリックすることで契約申込が完了します。

ここでメール内にeoIDの表示もあります。

mineoの契約画面13

13. 契約申込完了画面

先ほどのメールのリンクをクリックして表示されるのが、最後の契約申込完了画面です。これでWebからの申込処理が完了となります。

mineoの契約画面14

あとは、SIMカードが送付されて来るのを待ちましょう。

mineo Dプランを利用するための初期設定

続いては、申込完了後、実際にSIMカードが送られてきて通信をスタートするまでの初期セットアップについてです。

mineoから送られてくるもの

まず、申込から2,3日で自宅(申込時の住所)にmineoからSIMカードが送られてきます。

▼こちらが送られてきたSIMカードの封筒です。説明書なども入っているため、大きいです。

mineo契約後に送られてくるもの

▼さらに別便で小さな封書も届きました。こちらは契約内容の書面が入ったものです。eoIDやパスワード忘れ時の初期化情報なども記載されているので大事に保管しておきましょう。

mineo契約後に送られてくるもの

▼こちらが中に入っているmineoの説明書とSIMカードです。私はDプランなのでdocomoの文字が刻まれたSIMカードケースです。

mineo契約後に送られてきたSIMカードとマニュアル

▼実際のSIMカードです。MicroSIMカードなので小さい。

mineo契約後に送られてきたSIMカード

SIMカードの挿入と初期セットアップ

それでは、早速SIMカードを挿してみましょう。ということで、私の場合はモバイルルーターなので、モバイルルーターのフタを開けてSIMカードを挿し込みました。

ここで参考までに私のモバイルルーターの情報です。

私のモバイルルーターはNTT西日本フレッツ光のオプションサービスである「光ポータブルLTE WiFi」でレンタルした「PWR-N1000」というモバイルルーターです。

モバイルルーターに格安SIMカードを挿し込むところ

モバイルルーターに格安SIMカードを挿し込むところ

▼そしてモバイルルーターの電源を入れます。しかし、SIMカードを挿しただけでは、通信はできません。端末から通信ができるように初期セットアップ作業が必要となります。

mineoのSIMカードを挿し込んだモバイルルーター

▼モバイルルーターの場合、モバイルルーターの設定画面にアクセスして、そこで差し込んだSIMカードの通信ができるように設定を行います。設定内容はマニュアルに記載してあります。下記画面キャプチャーはあくまで私のモバイルルーターの管理者画面なので、モバイルルーターによって画面は異なります。

モバイルルーター管理者画面

ちなみに、スマホの場合だと、iPhoneなら専用のプロファイルをインストールするだけ。Androidも設定から通信設定をするだけです。

このあたりは付属のマニュアルに設定方法が書かれているので、それに沿って設定すれば問題ないと思います。

▼この通信設定ができれば、モバイルルーターにも電波のアンテナが立ち、晴れて、通信ができるようになります。

mineoのSIMカードを挿し込んだモバイルルーター

mineoのメールアドレス設定

最後に直接通信とは関係ありませんが、マニュアルにもあるんですが、mineoのメールアドレスを設定しておいたほうがよさそうです。

というのも、このmineoのメアドに緊急や重要な情報なども入って来るみたいなのです。ここは実際にどのようなメッセージが届くのか?よくわかっていませんが、とりあえず、マニュアルにも設定しましょう。とあるので、やっておくことにします。

まずmineoのマイページ(https://my.mineo.jp/)にアクセスします。ここで、申込時に記入したeoIDとパスワードが必要になるわけです。

mineoマイページのログイン

▼ログイン後ページの下の方に「登録情報の変更/サポート」という項目があり、その中のサブメニューにメールアドレス(@mineo.jp)の変更というところがあるので、そこでメアドを変更します。初期値はランダムな文字列が付いているので、それを好みの文字列に変えるだけです。

mineoマイページでのメアド変更

データの残容量はマイページトップで確認できる

ちなみに、利用できるデータ容量の残量はmineoのマイページトップ(https://my.mineo.jp/)で確認することができます。

▼こんなふうに残量が一発把握できる分かりやすい画面となっています。よく見る画面になるのでスマホでマイページへのショートカットを作っておくといいと思います。

mineo Dプランの実測通信スピード

セットアップが完了したと言うことで、早速どれくらいのスピードが出ているのかを確認してみました。

いくつかサンプリング的にPCとスマホ(iPhone6s)で時間帯別に計測してみました。

計測はスピードテストのサイト(http://www.speedtest.net/)にて行いました。

自宅のノートPCにて夜20時台での計測

ちなみに自宅は中国地方の県庁所在地がある市になるので、都会ではない地方都市です。

▼ノートPCでの計測結果です。

mineoでの夜20時台の通信スピードテスト(PC)

▼スマホでの計測結果です。

mineoでの夜20時台の通信スピードテスト(スマホ)

自宅のノートPCにて夜23時台での計測

▼ノートPCでの計測結果です。

mineoでの夜23時台の通信スピードテスト(PC)

▼スマホでの計測結果です。

mineoでの夜23時台の通信スピードテスト(スマホ)

新幹線乗車中の朝8時台での計測

mineoでの朝8時台の通信スピードテスト

▼ノートPCでの計測結果です。

mineoでの朝8時台の通信スピードテスト(PC)

▼スマホでの計測結果です。

mineoでの朝8時台の通信スピードテスト(スマホ)

一応同じ時間帯で何度かテストをして平均的な数字のキャプチャを載せています。

どうでしょう。全体的にそれなりの通信スピードが出ていると思います。私的には十分な通信スピードです。

動画閲覧やネットサーフィンの実際の様子

では、実際に動画(Youtube)やネットサーフィンをしている様子を動画に撮ってみたので、どれくらいのスピード感なのか見てみてください。

時間帯は夜の23時台ということで、比較的ネットが込み合っている時間帯での撮影です。

見てもらえれば、分かりますが、動画にしても、ネットサーフィンにしても十分なスピードでストレスはまったく感じませんでした。

▼こちらが、ネットサーフィンの様子です。

▼こちらが動画(Youtube)閲覧の様子です。

mineoを利用しての感想

今回、初めて格安SIMということで、「mineo」のDプランというデータ通信のみのサービスを利用してみましたが、思った以上に快適だったというのが感想です。

申込みフォームも分かりやすく、契約申込してからSIMカードの送付までの時間も数日というスピード感でした。

セットアップも簡単で、まさに届いたらすぐに使えるというのを体感できた気がします。

私が3GBまでのプランを選択しましたが、データ容量をデータ容量制限の違いでスピードに差はでるわけではないと思うので、コストパフォーマンス的にも十分なのではないでしょうか。

まとめ

ということで、私なりの最終的なまとめとしましては、「格安SIMサービスの「mineo」のシンプルタイプ(データ通信のみプラン)は使える!」というところです。

通信データ料限度が5GBまでというところはありますが、その範囲で利用するのであれば、とてもコストパフォーマンスが高いのではと思いました。

残念ながら、softbank端末は今のところ対応していませんが、au,ドコモの対応端末であれば、SIMカードを挿して使えるというのもいいところでしょう。

さらに、解約がいつでもできて、違約金がかからないというメリットもあるので、試しに1ヶ月だけ使ってみるかという気軽に契約できるのもいいところだと思います。

安くて快適なモバイルネット環境を探している方にはオススメかなと思います。気になる方はぜひ試してみてください。

 - 格安SIM

  関連記事

格安SIM「mineo」の通信制限後の実際の通信スピードを計測してみた。

格安SIMのmineoのデータプランを契約して早1ヶ月、動画なんかをいっぱい見た …