おれ〜ぼ

WiMAXや格安SIMなどに関する情報をお届けするブログ

WiMAXの中でよく出てくる4×4MIMOとは?

   

前回、WiMAXの中でよく出てくるワード「キャリアアグリゲーション(CA)」について簡単に説明しましたが、同じようによく出てくるワードがあります。それが「4×4MIMO」というワードです。

今回はこちらについて解説したいと思います。

4×4MIMOとは?

4×4MIMOとは、前回解説したCAと同じWiMAXの通信技術の1つです。

CAが帯域の違う複数の電波を束ねて通信容量を拡大していたのに対し、4×4MIMOはアンテナを2本から4本に増やして通信量を拡大するという方式です。

下記の図が分かりやすいです。
mimo
参照元:UQ WiMAXのページ

今までは2×2MIMO(簡単に言うとアンテナ2本)で最大速度110Mbps(理論値)を実現していたわけですが、これが倍の4本になったので、倍の220Mbps(理論値)が実現できるようになったというわけです。

4×4MIMOに対応した無線LANルーターが必要

この4×4MIMOですが、上記の絵を見てもらえれば分かるのですが、この技術を使った通信速度の恩恵を受けるためには自分の所有しているモバイルルーターが4×4MIMOに対応していないといけません。

またアンテナ基地局も同じで4本のアンテナが立っていないといけません。

アンテナ側は順次工事が進んでいるそうです。

モバイルルーターについてですが、現時点では「WX01」というNECプラットフォームズ製のものが発売されています。
WX01

今後も対応したモバイルルータが登場してくるでしょう。

さいごに

ということで、「4×4MIMO」というワードについての簡単な解説でした。

WiMAXを単純に使うだけなら、別に細かいところまで知っておく必要はないんですが、ざっくりと概要を知っているだけでも文章が読みやすくなります。

私自身、WiMAXの情報を調べている時によく出てきてわからないワードだったのが、「キャリアアグリゲーション(CA)」と「4×4MIMO」でした。

どちらも通信容量を拡大するための技術方式ということで、頭の片隅においておけばいいでしょう。

 - WiMAX関連用語について

  関連記事

WiMAX2+とは?WiMAX2+についての解説、押さえておくべきポイントのまとめ

どーも。tacory(@tacory2015)です。 この記事ではWiMAX2+ …

WiMAXの中でよく出てくるCA(キャリアアグリゲーション)とは?

WiMAXについての調べごとや契約する前や内容確認などをしている時によく出てくる …