おれ〜ぼ

WiMAXや格安SIMなどに関する情報をお届けするブログ

WiMAX2+とは?WiMAX2+についての解説、押さえておくべきポイントのまとめ

   

WiMAX2+とは。WiMAX2+についての解説、押さえておくべきポイントのまとめ

どーも。tacory(@tacory2015)です。

この記事ではWiMAX2+についての解説をしたいと思います。WiMAXを契約しようと思っているけど、よく登場するWiMAX2+っていうものがいまいち分からない。そんな方向けに、WiMAX2+について初心者でも押さえておくべきポイントを絞ってお伝えしたいと思います。

WiMAX2+とは

まずWiMAX2+とは、簡単に言えばWiMAXの上位版(グレードがよくなった)サービスのことです。

2013年10月31に登場したWiMAXの本家UQ WiMAXがサービスをスタートさせました。

このあとのポイントにもまとめますが、WiMAXとの1番の違いはWiMAXより通信スピードが速いということです。

細かく言えば、いろいろと違いはあるのでしょうが、単純にインターネットを快適に利用したいエンドユーザーの私たちとしてはポイントだけ分かればいいと思います。

ということで、難しい話を置いといて、新規契約、利用するにあたって押さえておきたいポイントをピックアップして紹介します。

ポイント1 通信スピードがWiMAXより速い

先ほどの書いた通り、WiMAX2+の一番のポイントです。

押さえるべきポイントはWiMAXより約3倍速いというところです。

ただ、もう1つ押さえるべきポイントがあります。
「WiMAXより3倍速い」だからって普通にインターネットするだけの人にはほとんどなにも変わらないと思います。

このブログでは実際にWiMAXを利用している私の体験や思うことを書いていますが、WiMAXの通信速度でもネットサーフィンや動画を見るくらいなら普通にできます。(大半のインターネットユーザーがその範囲だと思います。)

つまり、通信速度が速くなるにこしたことはないですが、普通にインターネットを利用するレベルの人にはそこまで恩恵があるものではないということです。

インターネットをヘビーに使い、データの通信料も多い方にはものすごい大きいことかも知れませんが、普通の人にはそうでもないということです。

一応、具体的な通信速度の数字を書くと、WiMAXの最大通信速度が40Mbpsなのに対し、WiMAX2+は110Mbpsです。

ポイント2 WiMAX2+の契約にWiMAXも含まれている

続いてポイント2として契約内容についてです。

WiMAXの契約を使用としたときWiMAX2+のキーワードが出て来るので、結局WiMAXとWiMAX2+の契約で何が違うのか?よくわからない、どちらかを選ばなければいけないのか?そういったところが混乱するポイントではないでしょうか?(自分もそうだったので)

結論としては今からの新規契約はWiMAX2+しかありません。そして、WiMAX2+の契約の中にWiMAX通信も含まれています。

最後のポイント6でも書くのですが、WiMAX2+では通信モードが3つ用意されています。

そのうちの1つがWiMAX通信となります。

ポイント3 利用料金はWiMAXと変わらない

ポイント1でWiMAX2+は普通のインターネットユーザーには恩恵はないとあえて言いましたが、とはいえ、利用料金はWiMAXと変わらないのが現状です。

もう少し言うと、これからWiMAXを新規契約される場合には基本的にWiMAX2+が標準になっているからです。

新規契約でお得なGMOとくとくBB WiMAX2+BroadWiMAXなど、どこもWiMAXの新規契約はWiMAX2+での契約となります。

言い方を変えれば、もうWiMAXは古いものでこれからは新しく登場したWiMAX2+が標準になるということです。

ポイント4 通信制限があるが普通の人は気にする必要もない

ここも知っておきたいポイントです。WiMAX2+には通信制限があります。WiMAXにはありません。

通信制限とはある通信量が一定の通信容量に達すると速度制限がかかり、極めて遅いスピードになってしまうことです。つまり普通にインターネットするのにも支障がでるほどのスピードになってしまうということです。

これだけ聞くと、確かにWiMAXに比べてのデメリットとなります。

ただ、現状、WiMAX2+は契約してから2年はこの通信制限を適用しないということになっています。(つまり契約から3年目からこのルールが適用されるということ)

2年と言うと、結構な時間がありますし、その時には一度解約して、新しいプロバイダへ変更をすれば、そのルールもまたリセットされるはずなので、実質、ここについてはあまり意識しなくていいと言うのが私の考えです。

また、普通にインターネットする一般人ならWiMAXで十分なんで、通信モードをWiMAXにして使えば気にならないですし。

ポイント5 エリアがWiMAXよりまだ狭い(と言っても十分使える)

ポイント5として、通信エリアです。WiMAX2+が利用できるエリアはWiMAXよりまだ狭いです。(順次拡大中です。)

利用できるエリアは下記UQWiMAXのページで確認できますが、見てもらえれば分かりますが、各都道府県の主要都市はもう網羅されており、けっこうな田舎にいる方以外はほぼ使えると言う状況かと思います。

サービスエリア|UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+

ポイント6 通信モードの切り替えができる

最後にポイント6として通信モードの切り替えができるという点を書いておきます。

ポイント2でも少し書きましたが、WiMAX2+には通信モードが3つあり、モバイルルーターで切り替えをすることができます。

通信モードは下記3つになります。

  • ノーリミットモード
  • こちらがWiMAXでの通信モードです。

  • ハイスピードモード
  • こちらがWiMAX2+での通信モード(初期設定)です。

  • ハイスピードモードプラスエリアモード
  • 最後は契約でのオプションモードになるのですが、auの4G LTEエリアでLTEを利用できる通信モードです。
    ここは追加費用がかかるところで、普通にWiMAXが使いたいだけなら意識しなくていいモードだと思います。

押さえておくべきポイントは上記の通り通信モードが切り替えれるので、通信速度制限など気にせず使いたいならノーリミットモード(WiMAXモード)にしておけばいいということです。

速度を少しでも速くしたい場合にはハイスピードモードに切り替えればいいというわけです。

ポイント7 利用できるモバイルルーターがまだ限られている

最後にモバイルルーターのことを挙げておきます。

現時点(2015.1現在)ではWiMAX2+を使うためのモバイルルーターが2機種しか登場していません。

WiMAX2+のモバイルルーター
それがNAD11HWD15という機種です。

なので、WiMAX2+を利用するためには上記のどちらかのモバイルルーターを持つ必要があります。

といっても、GMOとくとくBB WiMAX2+BroadWiMAXなら、このモバイルルーター代も無料でセットになって契約できたりします。この点も意識はしなくていいところかもしれません。

まとめと結論

ということで、WiMAX2+について押さえるべきポイントを絞って書きました。

私的な結論とまとめとしては、「これからの新規契約はWiMAX2+にしておけばOK」ということです。

このブログでも繰り返し言っているのですが、普通にインターネット閲覧をするだけなら、WiMAXでもOKなんです。それよりスピードがでるWiMAX2+にしてもなんら問題ありません。(料金も変わりませんから。)

WiMAX2+の契約では利用モードでWiMAXでの通信の切り替えができます。つまり、エリア制限や将来的に利用制限があるといえ、最悪WiMAXで接続できるので問題ないということです。

そもそも、今からの新規契約だともう自動的にWiMAX2+での契約しかできないところがほとんどのはずです。

WiMAX2+だからと言って、WiMAXよりデメリットがあるわけではありません。よくわからないのでちょっと不安という方は安心してよいと思います。

 - WiMAX関連用語について

  関連記事

WiMAXの中でよく出てくるCA(キャリアアグリゲーション)とは?

WiMAXについての調べごとや契約する前や内容確認などをしている時によく出てくる …

WiMAXの中でよく出てくる4×4MIMOとは?

前回、WiMAXの中でよく出てくるワード「キャリアアグリゲーション(CA)」につ …